苦役列車

投稿ツリー

  • 満足 苦役列車 (d0yaga0, 2012/9/14 23:40)

このトピックの投稿一覧へ

d0yaga0

満足 苦役列車

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/9/14 23:40 | 最終変更
d0yaga0  一人前   投稿数: 90
 
『苦役列車』が映画化と聞いたときに絶対無理だと思ったんだけど、案外いい感じにまとめててちょっと驚いた。

でもハッキリ言えるのはこの映画は原作の『苦役列車』ではないということ。

主人公の貫多を演じた森山未來が本当に素晴らしい。
風貌、姿勢、表情、仕草、そのすべてを用いてバブル期前の昭和の男の子を演じている。ただ、キャラクターのデフォルメが過ぎて「それはやり過ぎだろう」と思う箇所が幾つかあったのが残念でならない。

共演の高良健吾も良かった。原作ではもっと無骨な体育会系というイメージがあったんだけど、ちょっとオサレな専門学生というキャラクターを見事に演じていたと思う。

そして原作にはないキャラクターの前田敦子。田舎から上京してきたちょっと垢抜けない女の子をそれなりに演じていたと思う。この子はセンターを張るような感じよりもこういう田舎くさい役柄の方がしっくりくると思うな。

森山未來と高良健吾は19歳という設定には無理があったな。とは言え実年齢に近い前田敦子の演技を観る限り、森山くらいの年齢の方がうまく演じられるんだろうね。3人のシーンでのマエアツがしゃべるところなんかは観てるこっちがハラハラしてしまったよ。

原作にあったどうしようもない閉塞感みたいなものを森山未來が身体を張って演じてはいたものの、どことなくポップな感じが漂ってきて正直ノレなかった。原作とは別モノと言い聞かせてはみたものの、読後の感動には遠く及ばなかったな。

原作ではかなり不遇な扱いだった高橋にスポットを当てたのは良かったと思う。それを飄々とした演技でこなしたマキタスポーツも最高。ただ、こちらもキャラクターというか展開を作り過ぎた感があってちょっとゲンナリしてしまった。

映画的なオチをつけるために付け足した『三年後』は個人的には蛇足だったと思うな。救いを持たせたいという思いはわからなくもないけど、それを高橋に託すのはちょっと虫が良すぎるよ。ここは正直残念ポイント。

80年代の雰囲気を狙ったのか映画のつくりも80年代によくあったちょっとチープな感じがよく出てたと思う。ナレーションテロップのフォントとかロールしないエンディングとか。でも劇中の美術がどう贔屓目にみても70年代風にしかみえないってどういうことだ?

原作を愛するがゆえに残念ポイントを列挙してしまったけど、森山未來の迫真の演技を観るだけでも入場料を払う価値は十分にある。
前田敦子の“濡れた”下着姿も拝めるし。
さすがにおしりむき出しじゃないけどね。
 

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録