サニー 永遠の仲間たち

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

d0yaga0

満足 サニー 永遠の仲間たち

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2012/10/14 7:12 | 最終変更
d0yaga0  一人前   投稿数: 90
 
素晴らしい作品。
バイオレンス大得意の韓国映画に食傷気味で最近は敢えて避けて来たんだけど、思い切って観に行って本当に良かった。

日本が『ALWAYS 三丁目の夕日』とかいう間違ったノスタルジー映画を量産しまくってるときにこんな良質な作品を韓国は製作していたなんて。こういう作品こそ日本が頑張って創らなきゃいけない映画なんじゃないの?

女の子グループ”サニー”のメンバーひとりひとりが本当に愛おしく思えてくる。現代版のキャストもいいけど、やっぱり80年代のキャストが素晴らしい。80年代と現代の彼女たちにまったく違和感がなく、これが地続きの話だと思わせる連続カットも素晴らしい。ある重要な場面で80年の主人公と現代の主人公が互いを救い救われるシーンがとても映画的で心地良かった。

効果的に使われる音楽のチカラにもグッときた。
ソフィー・マルソー主演『ラ・ブーム』の主題歌だった『愛のファンタジー』。このフレーズがずっと耳から離れない。俺が高校生の頃大ヒットしたよなぁ。まさか『ラ・ブーム』のあのチークタイムシーンをこのような形で再現してくれるとはね。シンディ・ローパーの『ハイスクールはダンステリア』も懐かしい。エンドロールでは『タイム・アフター・タイム』(歌ってるのはシンディ・ローパーじゃないけど)が更に効果的に使われて切なさMAXになった。

ノスタルジーを感じないわけではないけど、決してそれだけで感傷的なるわけではない物語。現在がそうであるように、過去にも楽しいことと苦しいことが存在する。その過去を懸命に生きて抜いてきた女性が、再度そのこと、その時の感情を思い出して輝きを取り戻すところに感銘を受けるんだよね。
そして、エンドロールにスクリーンに浮かび上がる主人公が描いたと思われる絵。
これが、この輝かしい瞬間でさえも『過去の話』なんだと思わせる演出も良かった。

単純にお涙ちょうだいの類にならず、これだけ欠点がない映画もめずらしい。
今年ナンバーワンといってもいいな。
 

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録