午前十時の映画祭「ディアハンター」

投稿ツリー

  • なし 午前十時の映画祭「ディアハンター」 (haruko, 2012/12/5 16:16)

このトピックの投稿一覧へ

haruko

なし 午前十時の映画祭「ディアハンター」

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/12/5 16:16 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
午前時十時の映画祭で久しぶりに若いころのクリストファー・ウォーケンに逢うことが出来た  
マイケル・チミノ監督「ディア・ハンター」

初めてこの映画でウォーケンを知った時,私は多分44~45歳くらいで、延岡に住んでいた頃だったと思う。
ウォーケンに出会った瞬間はあまりの衝撃に♡はドキドキと打ちっぱなしだったけれど、映画にも度肝を抜かされっぱなしで、もうただただ放心状態だった。
彼が劇中でみんなと歌う「君の瞳に恋してる」は頭からメロディーが離れず、しばらくは小さく口ずさむ日々が続いた。

それ以来、密かにウォーケンの熱狂的ファンとなったのだが,周りに彼を知る人も無く、ひっそりと隠れファンを自負していた。
彼の瞳には、魔性が潜んでいる。あの蒼い瞳に見つめられたら、、と思っただけで体が硬直してしまう日々。

年を取ったら誰にで言えることだが,さしものウオーケンもお爺さまになってしまって容貌も変貌してしまった。これは文句を言えない。

しかし、彼の美貌は映像として残っている。
ひさしぶりに若い頃のクリストファー・ウオーケンに出会って、また久しぶりに私の心に火がついた。映画が始まってパッと彼の笑顔が画面に出た瞬間、思わず私は「キャッ!」だったか、「ウワッ」だったかの奇声を発してしまった。

この映画2度目の鑑賞だが、やはり衝撃的な素晴らしい演出だった。
あれ?ひょっとして???
「マイケル・チミノはウォーケンに惚れているのか?」
以前観たときには解らなかった感情がふっと浮かんだ。

ニックを愛するデ・ニーロの燃えるような鋭い目線を見て気付いた、、当時の私には分からなかった感情である。デ・ニーロもやはりこの映画が最高だと思う。
帰ってこないニックを探しにベトナムまで引き返した彼。

ウォーケン ♬きみの瞳に恋してる♬

映画そのものの批評ではなくてごめんなさい。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録