東京家族

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし 東京家族

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/1/19 17:59
kinsan  長老   投稿数: 276
山田洋次監督の監督50周年記念映画です。

「小津安二郎監督に捧げる」とエンドクレジットにあるように、小津監督の「東京物語」をモチーフにして、そこに山田監督らしい味付けをした作品になりました。

広島の島で生活を送っていた老夫婦が、東京に住んでいる子どもたちに会うために上京します。しかし、子どもたちにはそれぞれに事情があり、東京での生活は老夫婦にとっては必ずしも快適なものとはなりません。

子どもたちが考える両親の歓迎の仕方と老夫婦の考えのずれがあって、そこが微妙に家族のあり方を考えさせられます。

ほぼ「東京物語」と同じ内容ですが、原節子が演じた死亡した次男の嫁の代わりに、蒼井優が頼りない次男の恋人役で出演しています。この恋人が映画の中でいい役割というかホッとする存在になっています。
「蒼井優=原節子」と思っている私には、とてもいい感じの蒼井優でした。現時点で、2013の助演女優賞は蒼井優で決まりです。

この映画、評価の分かれ目は山田監督の作風を認めるかどうかだと思います。
ホッとした一時を過ごしたい方には、お薦めしいたいと思います。

余談ですが、橋爪功と吉行和子が演じた老夫婦を、当初の予定通りに菅原文太と市原悦子が演じていたらどんな夫婦になっていたのでしょう・・・

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録