舞妓 Haaaan!!!

投稿ツリー

  • 通常 舞妓 Haaaan!!! (noda, 2007/6/23 19:04)

このトピックの投稿一覧へ

noda

通常 舞妓 Haaaan!!!

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2007/6/23 19:04
noda  一人前   投稿数: 143
この手の映画は滅多に観ないのですが、前売りチケットをいただいたのと、テスト勉強疲れの息子の「何も考えずに笑える映画が観たい・・・」とのひと言で観てみることに。

京都の修学旅行で舞妓さんに遭遇して以来、「舞妓はんと野球拳をする!」の夢を抱く平凡なサラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)。京都支社への転勤が決まり、憧れの舞妓はーーーんと野球拳をするためにお茶屋さんに飛び込みますが、そこで待っていたのは「一見さんお断り」と言うしきたり。お茶屋さんの常連の社長の「仕事で結果を出せばお茶屋に連れて行ってやる」とのひと言に大奮闘し、新商品のカップ麺を大ヒットさせるのですが・・・。

と、面白いのはここまで。
ここまでのどたばたっぷりは最高。
知ってるようで知らない、閉鎖的な京都の花街の様子をコミカルに描いた点や、ミュージカル仕立ての「一見さんお断り」の歌など、つかみは良かったんですけどねえ。

お茶屋さんに出入りを許された時点で物語は完全に失速。
阿部サダヲのハイテンションだけで、2時間乗り切れると思ったのでしょうか。
ていうか、舞妓さん遊びってもっと奥深い面白さがあるんじゃないかなあ?
そういう世界には思いっきり縁の無い庶民の私から見ても、宮藤官九郎さんの器量不足を痛切に感じた作品でした。





  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録