大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

sugio

満足 大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2014/11/8 19:47
sugio  長老   投稿数: 204
何年か前に北海道へ行き、観光でトラピスチヌ修道院を訪れた事があります。
修道女は厳しい戒律の中、俗世を離れ沈黙の業で過ごしているとの説明を聞き、
静かに佇むレンガ造りの建物、硬く閉ざされた扉の向こうでは、
どういう生活が繰り広げられているのだろうと、ものすごく興味が湧きました。
その思いは、宮崎に帰ってからもしばらくは続いて。。。
でも、その実態は文章でしか見ることが出来ないと諦めてしまっていました。

それだもんで、『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』の上映は嬉しかった。
ナレーションも無く、BGMもなし、ライトも自然光だけで
ひたすら修道士たちの禁欲と労働と祈りの世界を描く169分間は、
睡魔との闘い必至と覚悟して行きましたが、
意外に時間を感じませんでした。
余計な音が皆無のため、自然界や生活の中から生れる音がすごく新鮮に聞こえる。
モノトーンの中で、山の樹木や修道服の青、果物野菜の黄色、赤、緑が際立ち、
美しい映像は、中世の絵画を鑑賞しているような錯覚を覚えました。

言葉の無い沈黙の内面から、受けるものは具体的には分からないけれど、
鑑賞中に自分の中に、いろんな言葉が最後まで渦巻いていた。
何が修道士をあそこへと導くのか・・・少しだけ分かった気がします。

シネマに投稿することになってしまい、久しぶりに前の日から緊張して眠れず。
爆睡してしまうのではないかと心配していましたが、
眠らずにすみました。
観て、本当に良かったです。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録