紙の月

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

tezuka

満足 紙の月

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2014/11/17 22:31 | 最終変更
tezuka  長老   投稿数: 486
宮沢りえは歳を重ねるにつれ、真の大人の女優になっていると思う。
この作品では宮沢りえなのに、あの宮沢りえなのに銀行員でぱっとしない愚かなアラフォー女をしっかりと演じていた。
素晴らしい!
主人公の梨花は同僚のベテラン社員から、「今まで専業主婦だったのに、なぜ勤めに銀行を選んだのか?」と尋ねられ、「仕事しているところを見ていてなんかいいなあと思ったから」などと平気で答える。
実際、そのような幼稚な答えを何の疑問もなく平気で口にする人は多い。
また、その答えに何の疑問も感じない人も多いだろう。
宮沢りえ本人はそんな人たちとは真逆の生き方をしている人だと思う。
若い時から逆境を越え、傷つくたびに思慮深く考えることを学び、生きることを真摯に見つめてきた人だと思う。
作品では何をもから駆けていく梨花の姿に彼女の人となりが綺麗に表れていた。
本能のままに流れていく主人公の姿の中に「宮沢りえ」という真逆の生き方をしている女優の姿勢が見えたことに感動できた。
良い女優さんになった。

主人公の心の隙間にお墨付きを与える同僚役の大島優子も上手。
女優としては全体的に地味なので今後、今回のような脇役で光る女優になっていってくれたらなあと思う。

で、宮沢りえと同じくらい素晴らしかったのが小林聡美。
最後の宮沢りえに向けた表情は切なくて必死で最高だった。
あそこだけ観にもう一度行ってもいいぐらい、惚れてしまいそうな表情だった。

主人公がハマる年下男役の池松壮亮は、「海を感じる時」と同じような女の敵ともいえる役柄が上手い!
人づきあいが上手ではなく、夫婦の間ですらしっかりと人間関係の構築ができない梨花の夫の田辺慎一も。

梨花の周りは自分のことしか考えられない人ばかり。
だからこそ彼女は自分に興味を持った年下男に溺れ、弱者を支援して幸福感を得るという行為にハマり、物質的なものの全ての代替物であるお金に支配された。
たったひとり、梨花の不正を見抜いた同僚の小林聡美だけが彼女の本質を見つめて一瞬だけ、二人の気持ちが重なる場面が見事。
吉田大八監督は女性を撮るのが上手だと思いました。
地味な役柄の二人なのに、すごく魅力的でした。
年下男とのラブシーンなんかよりセクシーに見えました。

全体的に、、、なんといっても巨額横領事件のお話しなので、観ていて胃が痛くて痛くてたまりませんでした。
身の程が良いです。人のお金に手を出してはいけません。。。
観ごたえありました。

--
45

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録