オデッセイ

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし オデッセイ

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2016/2/6 17:38 | 最終変更
kinsan  長老   投稿数: 275
リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演の宇宙遭難映画。

舞台が極めて地味な火星だったせいかもしれないが、凄いとは思ったが感動はあまりなかった。

火星に残されたM・デイモンが、必ず救出に来てくれることを信じて、生きていくために様々な創意工夫をこらしていくというストーリーである。
その間に地球上NASAの職員達との会話や彼らの救出に向けた努力が紹介されていく。
さらにM・デイモンが死んだと思って火星に取り残してしまった仲間のことも描き出されていく。

デイモンも地球上の人も仲間もいろいろと努力していることは分かるのだが、緊迫感なりデイモンの危機感があまり出ていないような気がした。
「これは、火星のロビンソン・クルーソーだ!」と途中で思ったほどだった。

2000億の人々が彼の帰りを持っていたそうであるがその人達が殆ど出てこなかったし、彼が取り残されるきっかけとなった磁場嵐?砂嵐が後半殆ど出てこなかったのも疑問に思った。

この作品はいろいろな賞にノミネートされているらしいが、私は「ゼロ・グラビティ」の方が良かったと思う。

蛇足ではあるが、この物語が実話であったなら、ものすごく感動していただろうと感じたことをつけ加えておきたい。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録