ツォツィ

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

noda

通常 ツォツィ

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007/8/30 15:08
noda  一人前   投稿数: 143
こんな素晴らしい映画がたった2週間の上映なんてもったいない〜。
胸に染みました。


仲間と徒党を組み、行き当たりばったりの強盗を繰り返し生活するツォツィ。その目には光はなく、命を奪うことにすら罪悪感も哀れみも感じない。まるで心を持たないかのようです。
ある日、高級住宅街からひとりで自動車を奪い、持ち主の女性を撃って逃走。ところが車の中に赤ちゃんがいることに気づきます。あまりにも無防備なその姿に、思わず連れ帰ってしまうツォツィ。その日から彼の心に少しずつ変化が・・・。


ツォツィが赤ちゃんと過ごした、ほんの何日間かの話です。
すさまじい貧富の差の中で、まともな教育どころか人間らしい暮らしをすることもできずに育ち、人としての心を失っていたツォツィですが、赤ちゃんをきっかけに、少しずつ心を取り戻してゆきます。だんだん和らいでいく表情が素晴らしいです。

誰も教えてくれなかった善悪を、自ら学んだツォツィ。
ハリウッド映画のようなハッピーエンドではありませんが、確実に一歩を踏み出したその姿に未来を感じました。真っ暗闇の中にひと筋の希望の光が見えるような映画でした。


最近、ほんのちょっとの欲望のために、簡単に人の命を奪う事件が多いです。背景は全く異なりますが、心が見えないという点において、この映画とかぶります。
救われなくてはいけないのは、被害者の魂や残された遺族ばかりではなく、罪を犯した人もなんだなあと思いました。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録