君の膵臓をたべたい

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし 君の膵臓をたべたい

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2017/7/26 19:09 | 最終変更
kinsan  長老   投稿数: 275
我が子が「誰かがいる前では読まない方がいいよ」と言った小説を映画化した作品である。膵臓の病気で余命1年の宣告をいわれた女子校生山内桜良(浜辺美波)を中心に、その生き方と友だちとの交流を描いた作品である。

山内桜良と交流を深める僕を北村匠海が演じている。その僕の成人期を演じているのが、小栗旬。山内桜良と僕の間で微妙な位置関係にある恭子(大友花恋)の成人期を演じるのが、北川景子である。

小栗旬の回想を中心に物語は展開するのだが、小栗旬と北川景子を起用したことにより、最後の感動(?)シーンがぼやけてしまった気がする。

山内桜良が死んだあと僕が山内家を訪問するシーンが最初の山場、今ここで泣く!と思った観客は、あっさりと次のシーンに目を向けさせられるのである。
桜が満開の背景での桜良と僕の会話シーン、ここで泣こうと思っても、またもや場面の展開。
最後は小栗旬が北川景子に桜良が死ぬ直前に書いた手紙を届け、それを受け取った恭子(北川景子)と僕(小栗旬)が泣き合うシーンになる。
で、観客はここで泣かなければという形で一斉にハンカチを用意し出すのである。

はっきり言って、映画の構成、脚本がきちんとしていればもっと感動的に終わることができたのではないかと思う。
小栗旬や北川景子を出演させる必要があったのかとも思う。

浜辺美波と北村匠海が好演しているだけに、二人に最後まで任せてもよかったのではないかと思う。

今年の女優新人賞は、浜辺美波で決まりだと思った。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録