僕とカミンスキーの旅

投稿ツリー

  • 満足 僕とカミンスキーの旅 (sugio, 2017/9/6 17:26)

このトピックの投稿一覧へ

sugio

満足 僕とカミンスキーの旅

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/9/6 17:26
sugio  長老   投稿数: 204
架空の画家カミンスキーが名声を手中に収めるまでを、マティス、ピカソを始めウディ・アレンやビートルズ実在する各界の有名人のポートレートと絡めてテンポよく見せるオープニングは、もう虚構だろうがフェイクだろうがワクワクする。
巨匠カミンスキーが実在するんじゃないかと思わせるところがすごい。
審美眼はおろか芸術に興味さえない野心家で身勝手なジャーナリスト(ダニエル・ブルュール)が、85才の偏屈な盲目の画家(イェスパー・クリステンセン)と2人で旅をするうちに、何やらいつの間にか、心が洗濯されてすっかり灰汁が抜け自らの人生を改める気持ちになる。
よくある話だけど、シニカルなユーモアとセンスの良い映像美に最後まで飽きる事なく観ることができた。
NHKの教育番組で見た事がある『ボブの絵画教室』がチラッと映った時は懐かしくて笑った。
絵画好きとしては、世界の名画を模して網羅したエンドロールで最後まで楽しめる。

ベッカー監督作品、切実なのにどこか可笑しくて心温まる『グッバイ・レーニン』をもう一度観たくなった。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録