希望のかなた

投稿ツリー

  • 通常 希望のかなた (sugio, 2018/3/3 18:41)

このトピックの投稿一覧へ

sugio

通常 希望のかなた

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/3 18:41
sugio  長老   投稿数: 203
内戦激化のシリアからフィンランドの首都ヘルシンキに逃れたカーリド青年(シェルワン・ハジ)が、偶然出会った人々の善意に助けられながら、生き別れた妹ミリアム(ニロズ・ハジ)を探し呼び寄せようとする様を描く社会派コメディ。

監督は、『過去のない男』や『ル・アーヴルの靴みがき』で知られるフィンランドの巨匠アキ・カウリスマキ。
難民申請のため入国管理局で面接をうけるカーリドが質問に「宗教は葬り捨てた」と答える場面で監督は内戦の根源にある宗教問題をさらりと批判してみせる。
申請は却下され、理不尽な暴力や差別を受け行き場を失うカーリド。
収容施設の女性、仕事の上司や同僚の優しさに観ていて胸が熱くなる。
人種、宗教を超えて互いを認め受け入れる事から始まる“希望”への第一歩。
「難民は哀れで図々しい経済移民と捉えるヨーロッパの風潮を打ち砕く」という監督の意図は、人情味ある独特の雰囲気と哀歓を醸す物語で胸を揺さぶる。
この監督の作品は登場人物が皆仏頂面で無表情だ。
でも、不意をつくユーモアとのギャップがとても愉快で笑わされた。
外国人が陥りやすい“日本”の勘違いを逆手に取った寿司屋の演出は親日家監督の真骨頂で爆笑もの。
不思議に違和感なく流れる竹田の子守唄や日本に馴染み深いメロディーは懐かしさを憶えなんとも心地よい。
観るものに未来を託すようなラストシーンだけど、、、果たして、カーリドの希望のかなたに平穏は見えたのかなぁ。

あ、そうそう、犬がね、犬がとっても可愛い!!

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録