魍魎の匣

投稿ツリー

  • 通常 魍魎の匣 (kinsan, 2008/2/2 20:09)

このトピックの投稿一覧へ

kinsan

通常 魍魎の匣

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/2/2 20:09
kinsan  長老   投稿数: 276
京極夏彦の作品は大体が分厚くて、そのために手に取ることすら躊躇してしまいます。この映画の原作も、千ページを越えているそうです。

千ページにもわたる原作を、原田眞人監督はコンパクトにまとめているなと思いました。
ただ原作をまとめたために、いわゆる「京極ワールド」といわれる原作の持ち味を薄めてしまったことはなかったのでしょうか?
多くの文字数を費やして表現されていた、おどろおどろしさや、猟奇的な官能性、人間の心の不可思議さ、ミステリー性などが、映像として表現されたために、小説の持つ味わいを変えてしまったところはないでしょうか。

とてもうまくまとめ上げられ、最後まで引きつけられました。ただ、話の展開や場面描写などに納得がいかないものを感じてしまいました。

江戸川乱歩原作による短編の「芋虫」と「押し絵と旅する男」を、思い出してしまいました。ある意味で猟奇的であり、不思議な魅力を持つ短編です。

江戸川乱歩の原作を再び読みたくなった、そんな映画でした。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録