ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

投稿ツリー

  • 満足 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (tezuka, 2008/5/10 16:53)

このトピックの投稿一覧へ

tezuka

満足 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/5/10 16:53
tezuka  長老   投稿数: 486
なんとも骨太な作品でした。
最初から最後まで痛い。
落ちたり落ちてきたり飛ばされたり殴られたり、痛い。
そういえばポール・トーマス・アンダーソンの作品にはけっこう鈍器による強打、って出てきますね。

原因はわからないけど、なぜ主人公がここまで孤独なのか?なぜ彼の持っている強烈な愛情を上手に外に出せないのか?彼が抱えている「絶対的な孤独」が可哀想でたまりません。
それは富によるものにも思えるし、でもそれだけではないようにも思える。

仕事に行かねばならず子どもに酒入りミルクを飲ませてしまう、普通に手段としてそうできる、つまりは彼の不幸な生い立ちが根底にあるのでしょう。
そんな主人公の光(あまりないけど)と影を、たんたんと描いてあります。

油田の炎はとても美しかった。
それと、砂漠のシーンのバックに流れる音楽というか音に近かったけど『2001年』を思わせて、何かの始まり、そこから生まれるもの、という感じがしました。

--
45

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録