Re: スルース

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

sugio

なし Re: スルース

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/6/12 16:30
sugio  長老   投稿数: 204
ケネス・ブラナー監督作は、殺人者と被害者として愛を成就できずに死んだ夫婦が、
40年後に転生し死の謎を解くスリラー「愛と死の間で」しか観ていないけれど、
その一本がなかなか面白かった。
今回は、ジュード・ロウが出るミステリー仕立ての内容にそそられて観てきた。
二人芝居を見ているような構成。
よくある不倫話を斬新な趣向でスタイリッシュに見せていると思う。
限られた空間と登場人物だけで、短い時間にあれほどの仕掛けをしてくれると否応なく集中してしまう。
ジュード・ロウの俳優として持てるだけ全てを出し切った演技は見応えがあった。

ただ、本気のゲームも二度目までは驚くけれど、三度目となるとゲームであるという前提が出来てしまって、老作家が実際美青年に惹かれたかどうかは疑問でうそ臭い。
ラストはおーーっそうきたか・・・って感じで衝撃があった。

鑑賞後、考えてみると電話の相手が本当に妻だったか、とか、通話の内容は真実どうだったのか、というところが不透明にしてあり、いくらでも話が考えられるところが面白いなと思った。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録