Re: ザ・マジックアワー

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし Re: ザ・マジックアワー

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/6/14 17:35
kinsan  長老   投稿数: 276
三谷幸喜監督の4本目の映画作品です。

三谷幸喜監督の「映画へのオマージュ」かなと、見終わった後に思いました。

映画製作の裏側の様子が、面白く描かれていました。更に、裏方の人たち、大部屋(もう今は、無いのか)の俳優というか、脇役の俳優をを中心に描いていました。

ストーリー自体も、まるで現実感のない、物語の世界に観客をどっぷりと引きこませる内容です。そのお話を、見る側が受け止める事ができるかがこの映画に対する評価の分かれ目だと思います。

いろいろなエピソードを積み重ねて、主人公にいろいろと活躍させていきます。ハラハラドキドキさせるのですが、私にはそれでも「お話の中の世界」のことと感情移入することなく楽しむ事ができました。

セリフの面白さや場面場面での面白さに、声を上げて笑う事ができました。まさに「コメディー映画を楽しむ事ができました。それが、今回の三谷作品の一番の特徴ではないかと思いました。

映画界の裏側を舞台にした映画「蒲田行進曲」を、ふと思い出しました。しかし、この「マジックアワー」と比較するべきではないと考えます。目指す方向が違う映画だと思うからです。

面白い映画でした。懐かしい「榎木兵衛氏」や「柳沢真一氏」の姿を見る事ができてよかったです。

「ラジオドラマ制作」の舞台裏、「建築現場」の舞台裏、「ホテル」の舞台裏、そして今回の「映画製作」の舞台裏。4ホンの映画を手がけてきた三谷監督ですが、次回作はどうなるのでしょうか?今回は、監督が自分が作りたいように自由に作った作品のような気がします。それだけに、次回作はどんな作品を私たちに提供してくれるのか期待したいと思います。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録