レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

haruko

なし レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2009/1/24 22:46 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
1950年代の古き良き時代の希望に満ちあふれたアメリカが舞台。ケイト・ウインスレットとレオナルド・ディカプリオ扮する若い夫婦が郊外に念願の家を持つ。
革命の小道とでも訳すのか、その小道に建てられた白い小さな可愛い家。とにかく美男美女の若い二人は誰が見ても特別な夫婦であった。幸せそのもの何も悩みなど無い夫婦、、しかし、この二人に襲いかかる苦悩は、結婚した男女の誰もが1度や2度は考えされる悩みでもある。
夫と妻とで、かくも異なる視点。男と女、性の違い、結婚生活の矛盾、などなど考えさせられる事満載。
最近大人の男らしく毅然としたスターに育ったディカプリオだが、久々に銃も持たずアクションも無い、平凡な夫を見事に演じている。その喜怒哀楽の表情の変化に惚れ惚れと見入ってしまった。
ケイト・ウインスレットもしたたかに美しくしたたかに迫力満点。ディカプリオ危うし、食われそうになりながらも何とか食われずに生き残ってくれたディカプリオ。

夢中に惚れ込む男が居ないと映画はつまらない。映画の出来不出来だけで論じる合評なんてやはり気の抜けたサイダーだ。と、つくづく思い知らされたディカプリオの成長であった。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録