Re: 少年メリケンサック

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

sugio

なし Re: 少年メリケンサック

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/2/17 21:25
sugio  長老   投稿数: 204
レコード会社に勤める新人発掘担当のかんな(宮崎あおい)がネットで見つけてきたパンクバンド、
少年メリケンサック。実は25年前のバンドだった。
しかも、それを知らない社長はとんとん拍子に話を進め契約までしてしまおうとする。
その後、力ずくで話は進んでいくけれど、どうも話に楽しんでついて行くことができなかった。

前半で「えっ、契約の話がここまで進んでるのにど〜〜すんのよ」と次の展開への期待でわくわくするし、
よっしゃ笑うぞと心の準備も万端だったんだけど・・。その後がそれほど・・・・。
なんといっても、上映時間が長い、2時間5分。あの内容では、当然途中で飽きてしまいます。
25年前の解散までの経緯をだらだらと見せられてもつまんない。
ごちゃごちゃした中でも、何かひとつビシッとしたテーマがハッキリないとコメディでも観ていて正直辛い。

しかし、宮崎あおいはいいっ。彼女が抜群のスパイスになっている。
彼女だけで持てていると言っても過言じゃないと思う。
あの突き抜け方は気持ちがいい。物凄く楽しんで演じているのが伝わってくる。
残念なのは佐藤浩市。あんな感じならば彼でなくてもよかったと思う。
そして、ちょい役だったけど、「ハッピーフライト」の田辺誠一が怪演。
存在感たっぷりで笑わせてくれた。。

私はどちらかというと松山ケンイチ君の「デトロイト・メタル・シティ」の方が好きでした。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録