ヤング@ハート

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

tezuka

満足 ヤング@ハート

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009/2/20 13:04 | 最終変更
tezuka  長老   投稿数: 487
2月に入って何度、音楽の力に心を動かされたことでしょう。
素人のコーラスであったり、プロの歌声であったり、子供のために作った、歌った歌であったり。
不思議なことにそれら全ての曲に共通する言葉が『祝福』なのでした。
「人はみな祝福され生まれた」
この意味に胸を熱くできることに感謝します。

平均年齢80歳のおじいちゃん、おばあちゃんたちのコーラス・グループ。
レパートリーはロック、R&B、なんでもござれ。
指導してるボブから渡される楽譜は玉手箱のよう、メンバーたちはCDから流れてくる新曲を「耳が痛いいっ!」と顔をしかめながら聴いています。
歌詞を間違えながらもJBの『I feel good』をノリノリの直立不動で歌うのです。
なんと素敵なのでしょう!

全部良いのですが中でも秀逸だったのは酸素吸入しながら歌うフレッドの『fix you』。
泣けた泣けた。

いつお迎えがくるかしらー♪
お迎えの光は見ないようにしてるわー♪
そんな彼らが、クラシックやオペラが好き!と言いながらもみんなで歌うロックの輝きは虹のようです。

本当にお空の虹の上に座って、みんなを見守ることになるメンバーたちもいます。
彼らひとりひとりの人生の輝きや、失った人生への尊敬、そして純粋に音楽を楽しむ気持ち、それらはとても神々しい光でした。
大袈裟ではなく、生まれてきて、生きていて、それだけでなんと素晴らしい!と素直に感じられました。

--
45

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録