ノウイング

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし ノウイング

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2009/7/11 1:43
kinsan  長老   投稿数: 276
ニコラス・ケイジ主演、アレックス・プロヤス製作及び監督。

「その時、人類は何を残せるのだろうか」、この堂々とした惹句が空しく胸中をよぎります。

50年前、ある小学校の開設記念日のイベントとして考えられた「タイムカプセル」、この中に入れられた数字だけが書かれた用紙が、50年後の現代に大きな影響を与えていくのです。

私の考えでは、今年のワーストスリーに入る作品です。
いろいろな映画のシーンが、この作品を見ているうちに甦ってきます。何故未来を予言することができたのか?なんのために未来を教えたのか?もう、突っ込みどころ満載の映画です。

特撮映像が見せたかったのか?そんな下すの勘ぐりさえ浮かんできました。

ニコラス・ケイジ主演だから見たのに、見事に期待を裏切られてしまいました。

発想・アイデア・創意工夫、それがみんな欠落している映画だと思います。

ぜひ見て下さい。そして、感想を聞かせてください。

お薦めしない映画です。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録