おと な  り

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし おと な  り

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 | 投稿日時 2009/8/23 5:54 | 最終変更
kinsan  長老   投稿数: 276
脚本まなべゆきこ(2004函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞長編部門佳作受賞作) 監督熊澤尚人  主演麻生久美子・岡田准一

東京の昔風のアパート、薄い壁で分けられた二つの部屋にすむ独身の男女。お互いに隣人のことは何も知らずに、薄い壁越しに聞こえてくる「おと」で隣人が何をしているかを感じている。仕事はきちんとできているのに、せいしんてきに「おとな」になりきれていない二人。
男性は彼の友人のトップモデルのことがきっかけで、女性は突然きかされた「愛の告白」がきっかけで、それぞれが送ってきた日常生活が変化してきます。
そして、その変化が彼等のもたらすものは・・

東京という大都会、人間関係が希薄なところだからこそ成立しうる、「おとな」のファンタジーだと思います。

岡田准一と麻生久美子が、大都会の中で生活しながらも「大人」になりきれない純粋さを残している登場人物をうまく描いています。

タイトルの「おと な  り」が、この映画が表現したいことを微妙に表しているような気がします。

あえてドロドロになりそうな部分を避けて、綺麗に話しを仕上げた映画です。ですから見終わった後爽やかさを感じますが、途中で出てきたいろいろなことも綺麗に消えてしまったように思いました。

岡田准一は、今までの役柄をそのまま活かした演技です。
麻生久美子、初めて彼女を真剣に見ました。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録