沈まぬ太陽

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

haruko

なし 沈まぬ太陽

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009/10/25 16:36 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
今、赤字経営で存続すら危ぶまれている日本航空にとっては、泣きっ面にハチ、映画製作側にとっては、まさにグッドタイミングな上映となったこの映画。
政治家との癒着、国家の介入する巨大組織、不条理な人事、ドキュメントなのか小説なのか?一応日本航空は国民航空と名前を変えているが、変える必要があったのか?
原作を読んだ時の怒りがまた渦巻く。

映像にするのは難しいと言われていたらしいけれど,細かな点には目をつむるとしても、原作に忠実に作られていてその点は感心出来ました。
前5巻からなる原作をなぞったような内容で、だから途中に休憩を入れるほどに長々とならざるを得なかったのでしょう。だから、イメージとしては原作通りでしたし、ジェット機の飛び立つ迫力あるシーンや御巣鷹山の事故の映像など、本で読む以上の迫力はありました。
アフガニスタンのカラチ,イランのテヘラン、ケニアのナイロビ、などの転勤は
会社の嫌がらせ人事でさへなければ、素晴らしい体験が出来ていいなぁと、私のような旅好きなものには心をかき乱されました。

ただ私は、いつもの悪い癖で、原作を読んで自分なりのイメージが出来上がっているものには、どうしても主演の俳優にすんなり入れない。
今回主演の渡辺謙も、何も知らずに観ると熱演でいいのかもしれないけれど、あまりにも猛々しくてやっぱり、受け入れられませんでした。

私なりの主人公の恩地は、もっと静かな男で、正義感を強く持ち、内に秘めた情熱家であり、心優しく、緻密で、それでいて権力にも立ち向かえる強さを持つ、男の中の男。一見渡辺謙でピッタリ、かも,??
だけど、彼の必死の熱演を観ていると,「ちがうなぁ」と思ってしまいました。


映画そのものには「よくやった」と拍手を送ります。

:umaya_01:

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録