Re: 南極料理人

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

kinsan

なし Re: 南極料理人

msg# 1.2
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/11/7 18:42
kinsan  長老   投稿数: 276
何か贅沢さを感じさせる映画でした。
ただ「食」という観点だけですが・・・

南極で富士山より高地での越冬観測。
そこに集まるメンバーはいずれも個性派揃い。
しかも大人の男だけの世界。
大きな問題が起こることもなく、ちょっとした「アクシデント」が起こるだけ・・

そんな男だけの世界で、彼等の母親として慈悲深く見守り慈しむ役割を果たすのが、料理人。
家庭における食卓の役割が、南極の越冬基地でも求められていることがきちんと描かれています。

料理人としての視点で描かれていますから、それぞれのエピソードが深く描かれることはありません。
国際電話のオペレーターのエピソードや電話にでることを拒んだ妻とのエピソードなど、裏を知りたいエピソードがいくつもありました。
あえてそれに触れなかったことが、この映画の特徴だと思いました。

ほのぼのとしたユーモアを感じさせる映画でした。

あの基地の外には、今も食材を詰め込んだダンボール箱が山積みになっているのでしょうか?
ひたすら、うらやましい・・・

伊勢エビは、やっぱり刺身かみそ汁でしょう!

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録