パブリック・エネミーズ

投稿ツリー

  • なし パブリック・エネミーズ (haruko, 2009/12/16 23:35)

このトピックの投稿一覧へ

haruko

なし パブリック・エネミーズ

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/12/16 23:35 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
世界大恐慌時代の実在の人物だそうだし、ある程度は事実なのだろうけれど、今いち心に食い込んできませんでした。

銀行強盗はアメリカの時代劇のような物。悪いヤツなのに拍手喝采を浴びる話はよくあります。
「明日に向かって撃て」「スティング」のポール・ニューマン&ロバート・レッドフォード、
「ゴッドファザー」のマーロンブランドやアル・パチーノ、
「俺たちに明日は無い」のウオーレン・ビューティー、などなど、人殺しなのに何故か暖かみを感じさせられる男たち。
このジョニー・デップも同じなんですが、しかし本気で応援したくならなかったのは、ただただ銃を撃ちまくるだけだから。
美しい女性に惚れて守り抜こうとするのはいいけれど何故か恋心が伝わってこない。何故彼女に惚れたのか理由が分からない。美しいから一目惚れです、だけでは感情が伝わってこない。

撃ちまくるシーンカッコ良かったですよ。でも私は惚れなかった。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録