花のあと

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

haruko

なし 花のあと

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2010/3/16 16:23 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
すっかりどっぷり虜になって映画館を出た。
最近の邦画でこれ以上心の満たされる映画は無かった、と言っても過言ではない程。

原作藤沢周平と聞いただけで大体どのような映画なのか察しがつく。
正義を貫く海坂藩の武士。
しかし、今回はみごとに正義を貫き仇討ちを果たす美しい女剣士が主人公である。
映画全体が、今までの藤沢原作ものからすると若々しい。初々しい。
物語が一途である。
北川景子も相手の宮尾俊太郎も、演技どうこうは別として、まだ芸能界にけがされていない感じがとてもいい。宮尾俊太郎は今まで知らなかったが,クラシックバレーのバレリーナらしい。
北川景子は「真夏のオリオン」でも心に残っていた。今回もまだ素人っぽい演技がかえって清らかさを与え主人公にはピッタリだったと思う。

  条件検索へ


サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録