ベイマックス

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/12/22 11:32 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
私にとっては今年最後の映画。いい映画で締めくくることが出来て、映画フアンとしては「終わり良ければすべて良し」感を今味わっている。

ゴツゴツと固いイメージである筈のロポットがフワフワと風船のようであるところからこの映画の優しさが伝わって来る。
プロデューサーのロイ・コリンは大の日本びいき。サンフランシスコと東京を混ぜ合わせたような架空都市「サンフランソーキョー」が舞台となっていて、所どころに日本の風景が現れるのも日本人としては嬉しい。

兄を不慮の事故で失った主人公のヒロが哀しみに打沈んでいた時、兄の残したロボットが現れる「ハジメマシテワタシハベイマックス。何処か痛みはありませんか?あなたの痛みをケヤします」
驚いたヒロだが、ベイマックスは兄の残してくれたメッセージ。ロボットと一緒に暮らし始めだんだん癒されて元気を取り戻す。とにかくベイマックスは可愛い。まさに癒し系ロポットだが、物語はかわいい〜〜とはしゃいでいるだけでは終わらない。

後は是非セントラルシネマで。笑って泣いてドキドキワクワクして下さい。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録