テッド 2

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/8/29 6:56
kinsan  長老   投稿数: 275
前作は何故か女性に圧倒的な支持を受けた、テッド。「可愛い」「すてき」と熱くなった女性に、????と引いていた自分ではあったが、その2作目ということで、封切り日に見に行ってきた。

オープニングクレジットが良かった。ミュージカル映画のパクリではあるのだが、何故か懐かしく、嬉しかった。所々にミュージカル風な雰囲気が感じられ、良かった。

冒頭でR-15であることが示されるのであるが、第1作に比べてかなり毒が薄まっていることは否めない。意志を持ちしゃべることができる縫いぐるみは人間として認められるのかということが、本作のテーマなのでテッドがもっていた毒性がかなり薄められていたのは残念であった。

テッドの特長である「お下劣さ」があまり見られなかったのは、期待して見に行った自分としては肩すかしを食らったような気分であった。

思えばテッドは前作では独身であったが、2ではいきなり結婚するのである。そうハチャメチャなことができるわけがないのである。

前作がヒットしたためか、カメオ出演がちょっと充実している気がした。それも楽しみの一つかもしれない。

内容、勢いとも1作目と比べると落ちてきていると思うが、楽しんでみることのできる映画である。

  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録