300 スリーハンドレッド

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007/6/10 0:32
chakkuman  長老   投稿数: 657
宮崎で1番目のシネコン?都城シネポート シネマ2で
鑑賞。シネマスコープサイズです。
ワーナーマーク、「スーパーマンリターンズ」の
レジェンドピクチャーズ、「ポセイドン」のバーチャルスタジオ
のロゴが特別バージョン????
全体的なストーリーは???だったけど
スパルタ軍とペルシア軍の戦いのシーンは
迫力ありました。
血しぶきシーンがはげしいのでR−15指定。
ラストロールはピクサーの「Mr.インクレディブル」
のラストロールみたいでよかったです。
チケット、当日券に換えるとき「さんびゃく 1枚」おいおい
パンフも「R−15作品の」
ローソンチケット、シネポート鑑賞券で
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2007/6/13 7:55
noda  一人前   投稿数: 143
「シン・シティ」と同じカラーだなあと思ったら、フランク・ミラーが製作なんですね。

実写版と言っていいのか悩んでしまう。
しかし、デジタル処理もここまでやると潔いです。徹底して色を落とし、スローモーションを多用。計算された視覚効果にすっかり魅入ってしまいました。いつの間にか血しぶきにも何も感じなくなってしまう。脳内に変な物質が分泌していくような感覚は「シン・シティ」と同じです。
はまりますな、こりゃ。
そういう映像を観せられながら「漢ちゅうものはだなー」と、男気について、2時間延々説教されます。
そんな映画。

ただ、ややファンタジーちっくだったのが・・・。
スパルタ軍以外の登場人物が、エルフとホビットの出てこない「ロードオブザリング」って感じなんですよね。
ナレーションもそれっぽくて、血みどろなのに子どもっぽい雰囲気があって、普通に歴史ものを期待して行くとずっこけてしまうかもしれません。スートリーも浅いです。その分簡潔ですが。


主演は大好きなジェラルド・バトラー。
でも「オペラ座の怪人」、「Dear フランキー」からすると今回は別人みたい。顔も体も造り込まれてて、あんた誰?って感じでした。
あと、これまた好きなデヴィッド・ウェンハムも出てます。
「ロードオブ〜」とか「ヴァン・ヘルシング」での優しい顔はそのままですが、体はムキムキ。びっくり。
それ以外にもいい男がいっぱい出てますけど、みーんなムキムキ。
画面の端から端まで筋肉だらけでした。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2007/7/17 0:24
sakai  常連   投稿数: 44
お金をかけている割には、あまりにもドラマの部分が希薄な感じがします。視覚的な部分もそれほど面白いとは思わなかった。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録