ダンケルク

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/10/8 10:27 | 最終変更
kinsan  長老   投稿数: 275
「史上最大の作戦」とは、真逆の映画である。勝ち戦ではなく、ドイツ軍に攻めたてられヨーロッパ大陸から兵士たちが撤退する映画である。

チャーチルが「3万人撤退できれば良し」と言っていたのに、30万人の兵士が撤退することができた「ダイナモ作戦」を106分という短い時間にまとめ上げた映画である。

「インターステラ-」のクリストファー・ノーラン監督は、30万以上あると思われるエピソードを絞り込み、尚且つ戦争の負の場面をきちんと描くことに成功している。

中心となるエピソードは、ようやくダンケルク海岸にたどり着いた兵士、イギリス空軍の兵士、ダンケルクの兵士たちの救出に向かう民間人の3つである。この3つのエピソードを交互に丁寧に描くことにより、戦争の悲惨さを描くことに成功している。

中でも救出に行く途中で死ぬ少年のエピソードと同じ部隊>違う部隊>イギリス軍>フランス軍という生き残りの法則のエピソードが特に印象的である。

ノーラン監督が106分という短時間でまとめたことにより、テーマがより鮮明に伝わってきたように思った。

この映画を見た頃にテレビで見た「インパール作戦」のことに思いを馳せ、つい比べてしまった自分であった。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録