彼女がその名を知らない鳥たち

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/3/3 18:02
sugio  長老   投稿数: 199
オープニングから、蒼井優の圧倒的な演技に、本気で十和子に嫌悪を持った。
それはすごいと思った。
それにも増して阿部サダヲの汚らしさと、鬱陶しさ、これまたリアルで感心した。
この2人がどうやって知り合ったのかが初めからずっと、気になりながら見ていたのだが、結局、その部分がこの物語の肝だということが、後半明らかになって、何もかもが納得がいった。
過剰なほどの陣治の付きまとい行為にも、確固たる根拠があったわけで。
あそこまで、一途に無償の愛を突きつけられると、感情移入こそできないけれど、気持ちが揺さぶられ、鼻の奥が痛くなった。
いつもなら二枚目の竹野内豊や、松坂桃李がとんでもなくゲス男で、新鮮だった。

【注】以下ネタバレあり


沼田まほかる原作だけど、この人、『ユリゴコロ』でも思ったが、殺人にまつわるどうしようもなく行き場のない女性を一途に愛する男を描いくと冴えてるなぁと思う。
あと、どちらの作品でも思うけど、日本の警察ってそんなに愚鈍なんだろうか。絶対、早い段階で捕まってるよね、十和子。
けど、それを差し引いても、人間の業を描いて密度の濃い作品で面白かったです。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録