ウィンド・リバー

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/9/20 14:03
sugio  長老   投稿数: 199
極寒の雪原、突如、耳をつんざく銃声にビクッとさせられる。
腕利き獣ハンター、ランバート(ジェレミー・レナー)が狼を仕留めた銃声。
静寂と銃声、息も凍るような厳しい寒さ、まるでその場に居合わせてるような臨場感に身震いしそうになった。
ネイティブアメリカン保留地で理不尽な死を遂げたネイティブアメリカンの少女の事件を追い詰めていくジェレミー・レナーが寡黙で渋くて、格好いいっ!
派遣されてきたFBIの新人女性捜査官ジェーン(エリザベス・オルセン)とのコンビもいいし、悲痛な過去を持つ孤独なランバートの心が次第に解凍し癒されていくところも良い。
娘を殺された友人に対するジェレミーの寄り添い方が、哀しくも心が温かくなる。
カット割りも絶妙で、中でも後半トレーラーハウスに犯人を追い詰めたシーンで、時間軸が前後するところと、一瞬後の衝撃は、本当に心臓が破裂しそうになった。
緊張感のある至近距離での銃撃戦もハラハラドキドキッ!!
悪を徹底的に叩きのめす。胸がすく。
「息子を迎えに行く」
ラスト、自宅の庭でうなだれていた友人の言葉が一縷(る)の希望となって聞こえた。
民族迫害の歴史から繋がるアメリカの社会的問題を衝撃的な映像で白日の下に晒した意味は大きいと思う。
複雑なテーマを扱って重厚なのに娯楽性に富んで面白かった。
これが初監督のテイラー・シェリダン。名脚本家で定評があるそうだ。私、なんだか怖くて見逃した『ボーダーライン』『最後の追跡』も観てみようかと思った。

  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録