トンマッコルへようこそ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2006/10/28 16:54
kinsan  長老   投稿数: 275
キネマ館の「映画で戦争を考える」映画特集のオープニング作品である。
全国と同じ日の公開で、オープニング作品としての役割を果たす作品であった。

朝鮮戦争のまっただ中、その戦争に巻き込まれることなく存在しているトンマッコルの村。そこにアメリカ軍のパイロットや北朝鮮。韓国軍の兵士達が入り込むことによって、結果的には平和な村にも、戦争の影が忍び込んでくる。

ラスト近くまでは、本当に平和の楽しさ、争わないことの素晴らしさが実感できる物語が語られる。トンマッコルという架空の村が本当に存在していたら・・・と、ふと考えさせられる。

しかしアメリカ軍のパイロットの行方を巡って、雲行きがおかしくなり、穏やかな温かい村と観客の心に暗い影を落としていく。

トンマッコルでの穏やかで平和な日常生活があったからこそ、ラストへの展開は、物悲しさと戦争の不合理さ悲惨さを感じさせていく。

ファンタジックな映画だけに、訴えてくるものも大きい。
戦争を考えても考えなくても、心に沁みるいい作品であった。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006/11/5 23:18
sakai  常連   投稿数: 44
韓国でこういう作品も作れるんだと感心しました。平和を願う気持ちは、世界共通です。映画の出来はまずまず。雰囲気は良いのですが、もう少し丁寧に描けなかったのかしら。少々演出等に不満が残ります。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006/11/7 15:23
sugio  長老   投稿数: 204
ファンタジックな映画にも関わらず戦争の容赦ない惨酷さを誤魔化さずに表現してあったと思う。基本的に人はトンマッコルの村人のように優しく思いやりのある生き物だと思う。。必要以上の欲に心奪われた時、人は大切なものを失っていくのかなぁ。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録