ザ・マジックアワー

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2008/6/14 13:29
sugio  長老   投稿数: 204
三谷幸喜脚本の作品は面白いけれど、それを監督まで
している作品はがっかりするものが多かったので、
今回も期待はしていなかった。
ところが予想に反して面白かった。
ユーモアもすんなり受け入れる事ができたし、役者も上手い。
「有頂天ホテル」が私的にだめだったのは、
最後に幾多のパーツが見事にはまってすごいとは思ったんだけど、
あまりにいろんなエピソードを詰め込み過ぎて、
全体的に散漫な感じがしたからだと思う。
ので、コメディの部分もそれだけが浮いて見えて笑えなかった。
(でも、先日TVで見返したらなぜか結構笑ってしまったけど・・(^^;)

それからすると、今回のマジックアワーは一本の話に終始して
ゆっくり楽しめたのかなぁと思う。
なんといっても佐藤浩市と西田敏行。
笑わせていただきました。
ちょっとポップコン片手に観るにはもってこいでした。
面白かったです。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/6/14 17:35
kinsan  長老   投稿数: 275
三谷幸喜監督の4本目の映画作品です。

三谷幸喜監督の「映画へのオマージュ」かなと、見終わった後に思いました。

映画製作の裏側の様子が、面白く描かれていました。更に、裏方の人たち、大部屋(もう今は、無いのか)の俳優というか、脇役の俳優をを中心に描いていました。

ストーリー自体も、まるで現実感のない、物語の世界に観客をどっぷりと引きこませる内容です。そのお話を、見る側が受け止める事ができるかがこの映画に対する評価の分かれ目だと思います。

いろいろなエピソードを積み重ねて、主人公にいろいろと活躍させていきます。ハラハラドキドキさせるのですが、私にはそれでも「お話の中の世界」のことと感情移入することなく楽しむ事ができました。

セリフの面白さや場面場面での面白さに、声を上げて笑う事ができました。まさに「コメディー映画を楽しむ事ができました。それが、今回の三谷作品の一番の特徴ではないかと思いました。

映画界の裏側を舞台にした映画「蒲田行進曲」を、ふと思い出しました。しかし、この「マジックアワー」と比較するべきではないと考えます。目指す方向が違う映画だと思うからです。

面白い映画でした。懐かしい「榎木兵衛氏」や「柳沢真一氏」の姿を見る事ができてよかったです。

「ラジオドラマ制作」の舞台裏、「建築現場」の舞台裏、「ホテル」の舞台裏、そして今回の「映画製作」の舞台裏。4ホンの映画を手がけてきた三谷監督ですが、次回作はどうなるのでしょうか?今回は、監督が自分が作りたいように自由に作った作品のような気がします。それだけに、次回作はどんな作品を私たちに提供してくれるのか期待したいと思います。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/6/21 17:31 | 最終変更
hiro  管理人   投稿数: 218
 僕も笑って見てましたが、別に褒めちぎるほどの作品ではないですね。リアリティーゼロの設定を違和感なく見せるにはああいう1930年代のシカゴを思わせる守加護(スカゴ)の町が必要だったのでしょう。設定が人工的なので、舞台でも通用する、というか舞台向きです。逆に言うと映画への思い入れはあっても映画らしい部分は少なかったですね。もっともこういう部分、三谷幸喜の作品にいつも感じることではあります。

 設定だけで思い浮かべたのは日活の無国籍アクション映画。佐藤浩市の役柄は日活映画だったら、ちょっと勘違いした脇役がやるようなものでしょう。二枚目俳優(ここでは妻夫木聡)があまり機能してないので、主役に置かざるを得ないといった感じでした。

 話のまとめ方はうまかったです。
http://forum.cinema1987.org/uploads/img0f682876f888fc80d588d.jpg
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/12/10 12:40 | 最終変更
onitsuka  常連   投稿数: 63
ザ・マジックアワー★(4.5点/5点満点)
 ネタバレ注意! 
 この文章は、映画の重要な内容に触れていることがあります.
 読まれる方は、そのことを充分御検討の上お読み下さい.
 少し書きますと、映画を観るのに、前情報を入れ過ぎるのは如何なものか?というのが僕の本音です.予告編やチラシ自分の直感と信頼できる人からの口コミ、そんな感じで映画を選んで欲しいです.また、事情は重々承知しておりますが極力映画館でCMは見たくないとも思っています.そのためには、基本的に映画を映画館で観るようにしないといけません.但し、家計的にきつい人などは別です.そういう方は、レンタルなどをご利用されるのも、大いに結構だと思います.
 畏れを少し感じながらこの前置きを書いています.これは、此処で書くすべての僕の文の前に入れていきたいです.何故なら、それが1映画ファンとしての夢だからです.
 映画の感想や面白さを詳しくお伝えしたいところですが、せめて、この場をお借りして面白い映画をご紹介していくことが、再び心から映画を楽しめるようになれた私に今できることだと思って諦めが悪いと言われても書いてゆきます.
 NHKBS3で昼下がりの情事を録画してたBDディスクがいかれたので、ちょうど会員の女性と話したのもあって観たかったこれでBlu-rayプレイヤー大丈夫か試しにかけてみたら出だしから面白かったので、ちょっと眠かったけどその人が言ってた西田敏行の台詞誰だお前はも確認したかったし、観てみることにした。やっぱり前半の途中疲れてて眠くてラジオ状態だったけど、誇りを持って生きなきゃ意味ないみたいな前回か観た時にはつらいなと思ったFORMAが今のボクにはちょうどよかったし、特にラストは映画の面白さ+素晴らしさを十二分に観せてくれていた。心がマイルドになって久しぶりになごんでいる。深津っちゃんとギャラクシー★街道の綾瀬はるかとの共演や、ギャラクシー★…でもお馴染みの三谷役者さんが揃っていてとても楽しかった。佐藤浩市が憧れていた俳優さんがあたしもこの歳になってまだ明日のマジックアワーを待っているんだというのも良かったし。いろんないい台詞がちりばめられていて、いろんな映画や半沢直樹の階段も思わせるところもあった。アゲイン28年目の甲子園買うのやめて、中井貴一の演技が観れないなと思っていたらちょい役で出ていたのでこれを買うことにしようと一応購入メモに書いた。
 最後に市川崑監督に捧げるみたいなテロップ?が入っていたけど、ボクはあまり市川作品に興味ないので観ない。
 勇気が出た。
 BDディスクに録ってあるラジオの時間とみんなのいえ、その他不満が残っている三谷作品再チェックだな、サムデイと思う。
 これ以上は、打つのめんどくさい。観ればわかる人にはわかる.
 とにかく面白い.オレは評論家じゃない.

  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録