YES MAN

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


kinsan

なし YES MAN

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009/3/21 7:21
kinsan  長老   投稿数: 276
ジム・キャリー主演、共演ゾーイ・デシャネル、テレンス・スタンプ。監督、ペイトン・リード。

結婚半年にして妻に家を出て行かれた、銀行融資係のカール。それ以来、彼は友人からの電話にも出ないほど周りとの接触を建ち、一人でいる生活をおくり続けます。

ある時友人から薦められた「YESセミナー」に参加したことから、これまでの「NO」と答えていた人生から「YES」と答える人生へとチェンジしていきます。

そして、その結果は・・・

ジム・キャリーのキャラクターを、最大に活かした映画です。
キャリーのある意味で卑猥なネタも、彼の持つまじめさも、ちょっと頼りない気弱さも、そして最後の夢を持たせるような展開も、ほとんどがこれまでのキャリー作品の中で出てきたものに似ています。

ただ「YES」か「NO」の決断は、私たちも迫られることが多いので、その分見ている私たちにある種の感慨を持たせます。

確かに「YES」だけの選択や「NO」だけの選択では、充実した人生を送ることができないと思います。

それでもこの映画は、「『NO』と言うよりも『YES』と答える方が人生が楽しくなりますよ!」と教えています。

それも一つの生き方だと思います。

ジム・キャリーのパワー全開ということで、好き嫌いが別れるかもしれませんが、私は「わりと」満足できる映画でした。
noda

なし Re: YES MAN

msg# 1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/4/1 23:17 | 最終変更
noda  一人前   投稿数: 143
映画の日に観てきました〜。

好き嫌い別れるでしょうねぇ、こりゃ。
私は好き派です。
何でもかんでもYESと言わなきゃいけないって設定自体がとても楽しかったですから。
ただ、NOMANの頃の主人公が、NOの言い方もそれなりにウィットに富んでいて見ていて笑えるんですよね。
ここはもっと地味でつまらなくしとかないと、YESMANになってからが引き立たないよなあ。

私もどっちかと言うと心のささくれたNOMANなんで、いろいろと考えさせられることが多かったです。
一週間限定!とかで、YESMANになってみるとか楽しそう♪


  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録