ドロップ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/5/6 10:51 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
青春映画って言うんですかね。これ。
とにかくただただ暴力ばっかり
「人はそんなに簡単に死なねえんだよ」というセリフが何回も出てきましたが、これは間違いなく死んでます。
「人って案外簡単に死ぬんだよ」と教えてやりたいくらいでした。

普通の私学の中校生ヒロシは「不良になるなら公立でしょう」と言って公立中学へ転校する。もちろん転入したとたんに死ぬ程殴られる。
達也と言う超カッコいい悪(水嶋ヒロ)にトコトン殴られる。殴り合わなきゃならない理由は何もなく、殴りたいだけ。素手ならまだしも鉄の棒で殴るんですからね。血だらけ。

ただ、血だらけの映像も見ているうちに慣れて来て、痛さもそれ程感じなくなるって所がこの映画の良さだろうか?
乗りのいい音楽に乗って血だらけなやつらを平気で眺めてゲラゲラ笑っている自分が恐ろしい。これが中学生?
:umaya_01:
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録