重力ピエロ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2009/5/29 9:51 | 最終変更
noda  一人前   投稿数: 143
ネタバレいっさいなしで、感想のみ書きます。
物足りない文章で申し訳ないですが、それくらい、真っ白な気持ちで皆さんに観てほしいってことで!

揺り戻し感動に悩まされていて大変です。
今朝、目が覚めてから一番に思い出して、布団の中でメソメソ泣いてました。
その後、気持ちの持って行き場がなくて、お弁当作りをしていた姉に「ものすごく良かった、ほんとーうに良かった」って連呼してうざがられる始末@@。

ぼさーっとした大学院生の兄・泉水(加瀬亮)と、なんだか影のある超イケメンの弟・春(岡田将生)。
そしてのほほんとした父親(小日向文世)。
一見、幸せそうに見える家族だけど、実は皆ずっと心の奥底では必死にがんばっていて、その幸せは精いっぱいの思いやりの上に成り立っていたものだと言うことがわかったとき、涙がどばー。
「愛のむきだし」とは正反対で、表現方法は非常に無機質なんですが、こういうのって感情がちらっと垣間見えた時の感動が大きいですね。
兄弟の繊細な心情が痛いほど伝わってきて、もうお母さん(私)はどうすればいいのやら・・・。
スクリーンの中に飛び込めるものなら飛び込みたかったです。
あと幼少時代の子役も最高でした。
手放しで絶賛しときます。何度でも観たいです。


若い頃の小日向文世さん、髪がフサフサだったのですが、これが堺雅人に微妙に似ててー。
ってことはステキな堺雅人もいずれ小日向文世さんみたいになっちゃうのだろうかと思うと複雑な気持ちでした。


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/1/3 23:33
haruko  長老   投稿数: 320
やっぱり気になってこれを見てからベストテン考えようと思い、ようやくDVDで見ましたが。
ベストテンには関係ないドラマでした。
原作は、伊坂幸太郎を立て続けに7冊読んだきっかけになった本です。
後半がめんどくさい内容だったと記憶していました。ただ、春を産もうと決心する箇所は驚きと感動でしたが、映画の場合はもう知っている話なのでそれほどの感動は無し。
ネタバレ映画を見る訳ですから、本を読んでいるとやはり映画は駄目ですね。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/1/4 21:49 | 最終変更
tezuka  長老   投稿数: 487
私もDVDでやっっと観ました。

子役が良かった!
こんな感じなのかなぁ〜男の子を持つって♪など思いながら観ました。
映画として観ると、良くもなく悪くもなく、という印象です。
この作品は映像化するよりも、小説だけにしておいたほうが良かったのでは?というのが正直な感想。
それは監督や脚本家の技量の無さなのでしょうか。
サスペンスの中にヒューマンドラマが含まれているのに、その演出がすごく中途半端だと感じました。

それと極個人的な意見ですが、私、加瀬亮って合わないかな。。。。。
この作品でも彼以外の出演者は、ストーカー吉高ですら可愛いと思えたのですが。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録