ガマの油

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 | 投稿日時 2009/9/13 6:43 | 最終変更
kinsan  長老   投稿数: 276
監督 役所広司、脚本 うらら(原案 役所広司・中田子)
出演 役所広司、瑛太、小林聡美、二階堂ふみ、益岡徹

役所広司の初監督作品。なのになぜか、キネマ館では1週間限定公開です。

デイトレーダーの主人公、その妻、少年院から出てくる友だちを待つ息子、息子と交際している女子高生、息子を刺傷させたことにより少年院に入ってまもなく退院息子の友だち。主人公が幼い時に出会った「ガマの油売り」に夫婦。主な登場人物はこの7人です。

息子が友だちを少年院に迎えに行く途中で交通事故にあったことから、このお話が展開されます。主人公一家と友だちとの関係。主人公と「ガマの油売り」夫婦とのやりとりの回想。主人公と息子の交際相手との携帯を通したやりとり。この3本のスジが微妙に関係しながら、お話が進んでいきます。

人気も実力もある役所広司の初監督作品ということで、注目を集めた作品だと思います。そして役所広司らしさが満ちあふれた作品でした。役所広司のまじめさ、生き方や考え方が色濃く反映された作品でもありました。

生活場面の描写とイメージの描写がうまく融合できていないことも、この作品の特徴ではないかと思いました。主人公に大きな影響を与えた「ガマの油売り夫婦」が現代にも登場するところで違和感を覚えてしまいました。ただこの「油売り」が、本来なら主人公が言いたいだろう「人生や生き方」について語りかけてくるものですから、妙な雰囲気を感じてしまいました。

3本のスジが1本にまとまったように見えて、実は深くとらえられることなく終わってしまったような気がします。主人公と息子の交際相手との交流も視点を変えていけばもっと違った展開になったと思います。

監督でありかつ主役でもある「役所広司」の個性に支えられた映画だと思いました。
ですから、私にはベストテンに入る程評価できる作品ではありませんでした。

小林聡美、いい雰囲気をだしていたと思いました。「廃市」を見た時には否定的な見方をしていますが、今はある意味「アンチ桃井かおり」として大切な役者に成長してきたのではないかと思います。

キネマ館の「1週間限定公開」の意味は十分理解できますが、やはりたくさんの人に観てもらいたいような気がします。「初監督作品」だから・・
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/9/13 23:09
tezuka  長老   投稿数: 487
一週間限定なんですね!観に行きます。
今日観てきた、という友人から「ものすごく泣きのツボにハマってしまった。素晴らしい!キネマ館最高!」とメールがきました。
けっこう冷静に感じる人なので、えらい良かったんだな、と思いました。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/9/16 14:14
sugio  長老   投稿数: 204
あぁーーー、泣けたぁ・・・。
あのシーン、この、その、どのシーンも全てが
愛しくて、限りなく優しくて、泣き笑い。
少しずつ辛い現実を受け入れたとき、
更に生まれいずる温かい気持ちに包まれる感じ。

役所広司監督、ブラボーーーーー!!
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/9/16 18:33
tezuka  長老   投稿数: 487
演劇を観ている感じ。
なんですが、ちゃんと映画。
会話、動き、表情、小物、演出のひとつひとつが、とても優しくて、ただただ優しくて、温かい作品でした。

唐突に感じられるような場面も、舞台演劇を観ている感覚で違和感なく観ることができました。

出演者全員がとっても可愛い。
特にアキバ君がお気に入り。
あんな友達ほしい、おんぶして♪そして傍で添い寝して♪
見てくれも大好き。

役所広司を初めて良いと思いました、演技者としても。
あんな風に笑顔向けられたら、私、地面に崩れ落ちる。

小林聡美はあいかわらず素敵。
この作品の彼女が、今までで一番好きかな。
「かもめ食堂」はあれで凛として素敵なんだけど、少しは揺らいでくれた方が、女性として魅力的なので、今回は特に好き。

瑛太ーーーーーーーーーーーーーー♪
一生の親友になりましょう、私と!男と女ではなく、決して触れることもなく離れることなく美しい、そんな友になりましょう!
可愛い!とにかく可愛い。

八千草薫♪
祖母がやせてあんな感じになってるので、バナナ、貴女から勧められたら断れません・・・・
おばあちゃんを演じるようになったんですねぇ。
それが嫌味なく可愛かった。

あと、瑛太の彼女の子も良かった!


話の何もかもが、場面の全て無駄なものが何もなく、とにかくあの優しさの表現に、役所広司という人をものすごく見直してしまいました。
独りよがりな部分がなかったです。
主張しながら控え目で、嫌味に思う雰囲気が何もなかったです。

レイトショーがないんですよね・・・・・これ。
キネマ館のばかあー。
もったいないぞー。

なし Re: ガマの油

msg# 1.4
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/9/18 12:02
mk2  半人前   投稿数: 29
   この映画、なにかすごく書きづらい。雰囲気で押し切っているところが大きいからなんだろう。でも、印象に残るいい映画だったと思う。
   
   役所広司にこんなファンタジックな想像力があるんだな、という驚きがあった。真面目な、誠実なタイプの役者なんだよな、というのはこれまでにも良く感じられたことだったけれど、自分の持ってる抽象的なイメージを映像化できるんだなぁ、と。
   あの豪邸や銀だま鉄砲、子どもの頃の自分にキャンピング・カー、それにあのガマの油売り夫婦なんかに結実して独特の雰囲気になってる。このおかげで、特にリアリティに満ちているわけでは無いお話にもうなずけるようなエネルギーが湧いて出たような気がする。
   役所広司が持っている人生全体のイメージ、というのがなかなか大きくて、これもおもわず乗せられたひとつかな。死生観にグッときた。やっぱり体に染みついているものなんだろうか。

   でも、ガマの油売りがやっぱりちょっと唐突だったり、わざわざ「時空を旅するガマの油売り」と説明しないといけないあたりに、もうひとつなモノを感じた。最初の登場がちょっとタイミングずれてるのかな。いっそ説明なんかしないで、もっと唐突にしちゃったら良かったのにとすら思う。もっとファンタジーになりえたかも、と少し残念。
   多面今日のようにノートPCを並べて見入る主人公はガマみたい。あ、タイトルのガマの油はこれかぁ。

   役者陣に関しては、瑛太将来性ありそうで且つかわいいくて、辛いだろうなご両親は…と思わずもらい泣き。んで泣きもしない小林聡美の演技は抜群だった。泣きそうに目をはらした役所広司と二人揃うと、もう完璧に目の前にいるみたい。二人がだんだん現実を受け入れていく様子が身につまされて、たぶんこの二人のこういう姿があったから、ずっと先に待っているラストシーンが響いたんだろうな。
   役所広司はいつもどおりなんでもできるなぁ、という感じだったかなぁ。。。浮世離れしたギャンブラーなんだけど、実はすごい真面目な普通の人、という風に感じた。きっとその辺をうまくやったんだろう。三郎君と光ちゃんころころしてて可愛かった。八千草薫おばあちゃんと孫の光ちゃんが、さわやかな余韻になって残った。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/12/14 19:59
haruko  長老   投稿数: 320
DVDで今見終わったところです。
だめですね〜。私には、、みなさまの絶賛が虚ろに響く。
私には泣きのツボがずれてるのですね。

まったく何も感じない訳ではありませんが、所々好きな場面もありましたが、一番共感できたのは、私も自分の家をぶっ壊して、ガラクタ捨てて、ここを駐車場にして、でっかいキャンピングカーに住みたい、いいなぁ、、でした。
泣かないお母さんの気持ちが一番好きでした。

私には文学的な物が見えなくて、役所広司のわざとらしさや汚らしさも、うさん臭くて、あ〜もうシネマ1987やめちゃって、好きな物だけ食べる自由が欲しいよ。
とまで思っています。

熊もつまらなかった。
女の子も嫌いだった。
済みません。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/12/15 23:43
tezuka  長老   投稿数: 487
harukoさん、よかよか。よかですたい。
私だって、好きな物しか食べてませんし(^^ゞ
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録