2012

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2009/11/22 0:33
chakkuman  長老   投稿数: 657
「2012 字幕スーパー版」 
   @宮崎で1番目のシネコン?都城シネポート シネマ2

シネマスコープサイズです、最初の自由の女神?の延長から
入っていきましたね。
各都市のディザスターシーンがすごかったです
家族愛もうまく描かれていて、とてもよかったです
アカデミー賞有力作品ですね(アバターもあるか・・・)
ところどころ笑えるシーンもありました
もうあなたは地下鉄には乗れない!??
パンフは¥700、ちなみに観客は10名ほど・・・・
(チケットぴあ(ファミマ)全国共通券¥1300)

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/11/23 0:29
kinsan  長老   投稿数: 276
「羊頭狗肉」、これ以外の何物でもありません。

CGは、これまでにない「大津波」と「地面陥没による都市崩壊」
「火山の一斉噴火」などのシーンは見応えはありました。
ただこれらのシーンが、映画の展開にうまく使われていたかというと「NO!」としかいえません。

「マヤ文明の予言」ってありましたか?「惑星直列」で何が起きたのでしょうか?
この映画の主題は何だったのでしょうか?
「恐るべき地球崩壊に対する心構え」?「人類が絶滅の危機にあっても人間愛を失ってはいけない」?「家族愛」?

もう?、?、?の連続の映画です。そのくせ、私たちに「感動せよ」とばかりに変な場面を次から次へと押しつけてくるのです。
そうせかされても、感動できないものは、感動できません。

この映画の見所は、ただ一つ「地球崩壊のCGシーン」です。
これだけがお薦めです。

多分、リピーターは望めない映画だと思います。

久々に家族三人で見たのですが、三人の意見がピッタリ合った映画でした。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/12/23 17:45 | 最終変更
noda  一人前   投稿数: 143
ローランド・エメリッヒは「デイ・アフター・トゥモロー」も「インデペンス・デイ」もわりと好きだったので、結構期待して行ったのですが、うーん、、これはちょっと。

CGはほんとすごかったです。
ビルや大地がガラガラと崩れていく様は迫力満点。怖いのなんの。
2時間50分のうち、2時間30分はこういうシーンだったんじゃないかなあ・・・と思えるくらい、インパクト大。
見ているだけでかなり体力を消耗しました。

しかし、ドラマが最悪。
「家族愛」の部分を除いたとしても、全体的な構成が中途半端で何が言いたいんだか。
一応、ハッピーエンドでしたが、ラストの画像のようにすがすがしい気分にはなれなかったです。変なしこりが残りました。何と言うか、根本的にズレているような気がして。
お話としては地球は滅亡してしまったほうがスッキリしてよかったんじゃないですかねぇ。

うちも息子と意見がぴったんこでした〜。


  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録