母なる証明

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2009/12/5 13:49 | 最終変更
tezuka  長老   投稿数: 487
ポン・ジュノ監督の作品は、転・結のテンポが独特で、醍醐味はその流れにつきると思います。
それに、いつも音楽の使い方が面白い。
この作品もその点は堪能しました。

毎回、静かなラストシーンの中にひどい孤独感を感じるのですが、今回は動、で。
それでもこの孤独感は今までとはまた格別に違う。
韓国映画の懐の深さ、みたいなものをまたひとつ感じました。

物語は、少ーーーーしも共感できない母親というか女性の話で、観ていてすごく疲れる。。。。。
ちょっと「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を思い出しました。
性格は全然違うんだけど、愚かである、という意味で。
また、ハッキリとは出てこないけど、母親の秘密が何とも・・・・
ここで言えないのが残念。

ウォンビンは韓国若手俳優の中で少し独自性を出したかったのかな。
上手だったけど「策士策に溺れる」な感あり。
まだギリギリのところでとどまってくれてます。
これはポン・ジュノ監督の演出もあるのでしょうが、次回作も楽しみにしておきます。

タイトルロールとエンドロール前の共通点、あの主人公には監督のメッセージ性があり、それが昔のフランス映画のようで、この作品はポン・ジュノ監督の挑戦であったのだろうと思います。
意欲的ではあったし、面白いけど(疲れるけど)彼の作品を期待して観た者としては絶賛はできないし、素晴らしくはないです。
それでもやはり今後の作品がとても楽しみな監督です。

--
45

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/12/9 15:05 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
もどかし気に書いているtezukaさんの気持ち、良く分かりました。
成る程その通り、これからの方のためにネタバレは出来ませんが、早くみんな見て。
思いっきり隅々まで話合いたいです。

確かに凄い母親でした。多分私には真似できないわ。しかし、彼女の立場になってみなけりゃ分からないか?

やはり韓国映画、ジュノ監督。どろどろとした嫌な臭いが鼻について不快感そのものでした。あんな汚い家、汚い家の中、気持ち悪かった!

しかも、除隊後初出演のウオンビンは、何か道を間違えたような嫌な予感。
清潔で男らしいところが好きだったのに、全く違う男になっちゃって、このまま、こんな路線に行ってしまいはしないかと、心配です。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録