ゴールデンスランバー

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2010/2/3 22:11
sugio  長老   投稿数: 204
原作は未読です。
人の良い堺雅人が主人公のキャラにバッチリはまって良かったです。
無実の彼が逃げれども逃げれども追い詰められて、犯人に仕立て上げられるところがドキドキ。
無理のある展開も娯楽ムービーとして見ていれば、全然受け入れられました。
またまた濱田岳くんが、高得点です。
お父さんが火野正平っていうのは、たんなる噂?酷似なので気になります。(^^;
今回も時間軸を巧く使って、パズルが組み立てられていくような感じが面白かったです。
ツッコミどころはあると思いますが、私的にはOKです。

役者の誰を見ていても、楽しかった。
伊東四朗父の言葉には涙がでました。
中でも永島敏行・・・・・こわーーーっ、ノーカントリーの彼みたい!

なんの解決にもなってないと思いますが、
全体的に、「良くできました。◎」でした。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/2/14 23:02 | 最終変更
noda  一人前   投稿数: 143
最初から最後までずっと盛り上がってて、肩に力が入りましたー。
観終わってからどっと疲れがっ。
うまいことできた話でしたね。
こういうのにツッコミを入れるのは野暮ってもんでしょう。
素直にハラハラドキドキするのがお得な観かただと思います。

でも、やはりどうもこのラストは・・・。
警察の鼻を見事にあかして、スカッと無実の罪を晴らすのを期待しちゃったんですよねぇ。
結局、誰が何のためにっ!?ってところも靄がかかったままだったし。
私としては好みのラストではなかったな、と言う感じです。


永島敏行は、怖すぎ@@。強烈でした!!!
今回に限っては、香川照之が薄めに感じましたもん。

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/3/3 21:25 | 最終変更
tezuka  長老   投稿数: 487
堺雅人の「薄ら笑い浮かべ顔」が気持ち悪くてたまらないので、最初のほうはイライラして・・・・
何だか大きな権力に命を狙われてる、追われてるらしい、っていうのに服装も変えず、携帯も使い放題で真面目に逃げる気あるのか!こいつはっ!って。
濱田岳くんが登場してきたあたりから俄然面白くなりました。

どこがどう良いとかハッキリ言える、物語性に優れてるとか、作家性に溢れてるとか、そんな映画じゃなくてもどうしてか心に残るものがある、あの場面のちょっとしたセリフが心をとらえる、そんな映画こそ出会って良かったって思えるものだよね、なんて話を最近友人と言い合ってたのですが、まさにこの作品はそれ。
舞台が仙台だったこともあり、去年私がひとりで歩いた街並みや、生まれて初めてひとりで見た祭りの花火が、ベンガルのセリフと重なって切ない気持になりました。
「同じ時を過ごしたことがあるなら、きっとどこかで同じ景色を見て思い出しているんだよ」
みたいなセリフ。
私が送った景色を思い出してくれたかな。
少しでも考えてくれたなら嬉しいな、って。

それとエンドロールの歌、良かったです。


こういう作品を観ると、宮崎のフィルムコミッションもちょっと在り様を変えたらどうかー?と思います。
宮崎の場合、あまりにも特徴的な景色を出しすぎて、ただの観光映画になるのが残念。
お約束は無しに、上手に景色を使ってほしいです。
この作品みたいに、別に伊達正宗像を出すんでもなく、杜の都を打ち出すでもなく、普段の景色で良いと思います。
近年は全国いろんな場所で、そんなロケ多いですよね。
延岡の街なんかいい感じじゃないかなぁ・・・・


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/3/12 0:56 | 最終変更
haruko  長老   投稿数: 320
原作はもちろん読んでます。
だから観たくはなかった。
殆どの映像は原作に勝てない。と思って間違いありません。

しかし、スランバーは上手に映像化しましたね。

中村監督は「アヒルと鴨のコインローカー」でも『上手いなぁ」と感心し、原作を読んだ後であったにもかかわらず拍手喝采でした。

「ゴールデンスランバー」原作に忠実で、台詞なども殆ど原作と同じ。だから納得は出来ましたが、ただ、ハラハラドキドキは一切私には無かったので(結末を知っているから)その面白さは味わえず、大仰な警察には笑ってしまいました。
こんな警察原作にでてきたかなぁ?これは映画を見て下さった方へのサービスかも。
父親の発言にも本で感動したので、冷静に見ました。

すみません。原作、原作とうるさい私の感想は無視して頂きたい。

事件の黒幕の推測や,事件に関わった人物が次々事故や自殺で死ぬことなどは、映画では殆どふれていませんでしたね。それは観客の想像に託されたのでしょうか。

後は俳優ですね。
竹内結子が一番良かった。違和感無く、気負わず素直に、上手いなぁと思いました。
彼女、声も魅力的!
ネバネバしない爽やかさが好きです。

堺雅人は? ご当地出身だし、応援したい気持ちはありますが、でも、「ジェネラル・ルージュの凱旋」が彼の魅力の頂点だと思います。
それ以後は、男としての魅力は下りつつ、、ですね。
次はどうかな。

あの薄ら笑いと、体が重たそうに走っていたこと、がマイナス要因。
演技もそれ程かなぁと思いますね。

浜田岳は、切れのある演技で、うってつけのはまり役。

そしてtezukaさんと同じく私も最後の歌には聞き惚れました。
You Tubeで探してみようっと。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録