あなたへ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/10/17 3:02
kinsan  長老   投稿数: 276
高倉健主演、降旗康男監督作品。

まさに高倉健の高倉健による高倉健のための映画といってよいでしょう。
高倉健の周りを彩る女優や男優も、ただ高倉健を引き立たせるための存在でしかないような気がしました。

富山から長崎の平戸まで妻の遺言で、妻の散骨のために出かけることになった主人公。その旅の途中で出会う人たちとのエピソードや平戸でのエピソード、それらの全てが予定調和通りに進みます。多少の凹凸はあるものの、大きな波乱もなく、散骨と散骨をした後の主人公の生き方を暗示して、映画は終わります。

6年ぶりに映画出演した高倉健を見るための映画でした。高倉健は、やっぱり高倉健なのだということを再認識した映画でもありました。

年配の観客が多かったような気がしました、高倉健と共に老いていく自分を見つめ直すきっかけになったかもしれません。

共演陣の中で奥さんを演じた、田中裕子がよかったです。「星めぐりの歌」を歌う彼女は、とてもよかったです。
  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録