アウトレイジ ビヨンド

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012/10/23 20:26 | 最終変更
hiro  管理人   投稿数: 219
 「山守さん……まだ弾は残っとるがよう…」。
 名作中の名作である「仁義なき戦い」シリーズと比較するのが無茶なのは分かっているが、同じヤクザ映画でも「アウトレイジ ビヨンド」、僕には大きく見劣りがした。KINENOTEを見てみたら、やっぱり「仁義なき戦い」と比較しているレビューがあった。裏切りに次ぐ裏切りという展開が似ているのである。だがしかし、両者を大きく分けるのはキャラクターの造型とプロットの深みにある。

 北野武映画のキャラクターが書き割りみたいに薄っぺらなのは今に始まったことではない。それにしても、この映画のヤクザたちは判で押したようにどれもこれも同じだ。やさ男の加瀬亮がドスのきいた声で話す場面に最初はおっと思ったけれど、その後に登場する三浦友和も中尾彬も西田敏行も塩見三省も大声で怒鳴り散らす同じパターン、同じ演技で、やれやれと思った。唯一違うのは刑事役の小日向文世ぐらいだ。キャラクターの背景も描かれないので、誰が殺されようが、誰に殺されようが、気持ちが動いていかない。一本調子のキャラクター、一本調子の映画であり、これは頭で作ったヤクザ映画、バイオレンス映画に過ぎない。笠原和夫が丹念な取材を重ね、舞台の広島と時代背景を巧みに織り込んで、猥雑なエネルギーにあふれた「仁義なき戦い」にはとても及ばないのだ。

 プロットはキャラクターの造型ほど悪くはない。前作から5年後の設定。東京の山王会は兄貴分や親分を出し抜いて加藤(三浦友和)が会長の座に就き、政界へも影響力を持っていた。若頭は大友組の金庫番だった石原(加瀬亮)。警視庁の刑事・片岡(小日向文世)は勢力を伸ばす山王会をたたくため、不満を募らせる古参の組幹部たちをそそのかし、関西の花菱会に接近させる。同時に刑務所で服役中の大友(ビートたけし)に加藤を会長の座から引きずり下ろそうとそそのかす。そこから、先の見えないヤクザの抗争が始まっていく。山王会内部の分裂は定石通りと言える。惜しいのは花菱会が一枚岩であること。ここはやっぱり、花菱会内部にも分裂を起こさせ、敵か味方かをとことん分からないようにしたいところだった。

 だからといって、この映画つまらないわけではない。そこそこ楽しめる映画になってはいる。キャラクターの簡単さや、あまり凝らないプロットはよく言えば、贅肉をそぎ落とした結果と言えるかもしれない。しかし、僕が求める映画とは異なる。はっきり分かったのは北野武に「仁義なき戦い」をビヨンドするような映画は撮れないだろうということだ。映画は細部に豊穣さが必要なのである。
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2012/11/3 2:06
kinsan  長老   投稿数: 276
前作のラスト場面近く三浦友和と加瀬亮の白いバスローブ姿に違和感を強く感じ、居間までのやくざ映画とはちょっと違うのだと思いました。でも、それにしてはこれまでのやくざ映画のパターンから抜けきることができていないような気がしました。

この作品、前作で殺されたと思われた北野武の主人公が元気な姿でいる場面から始まります。この主人公が刑務所から出てくるところから、彼をめぐる思惑が錯綜し、物語が展開していくのですが・・・

ハッキリ言って、期待外れでした。これまで東映や日活などのたくさん見てきたやくざ映画の枠を乗り越えることはできていないと思いました。広能昌三の優柔不断が仁義なき戦いの展開に関わったように、アウトレイジビヨンドでも主人公の大友の優柔不断が物語の展開に大きく関わってきます。

北野監督自身は「この映画、仁義なき戦いの呪縛を解いた」と言っているようですが、この映画の様々なエピソードがどこかで見た映画とダブっているような気がしていました。

この映画前作で成り上がった三浦友和と加瀬亮の旧悪が暴かれていくのも一つのポイントなのですが、そこに主人公の大友があまり関わってこないことも残念な気がしました。

この映画で一番一番気を引いたのは、指をかみ切るシーンとバッティングマシーンで人を殺すシーンでした。

ラストで主人公が殺す相手を見て、この映画の小ささを感じました。話の本筋から見れば枝葉に過ぎない小日向文世を殺して、それでいいのかと思わず問い詰めたくなった私でした、

深作欣二や笠原和夫がこの映画を見たらどう評価しただろうと思いました。

  条件検索へ

サイト内検索

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録